pleetm's blog

日々考えた事や読んだ本について書くブログです。自分の書いたことって相手にどう伝わるのか、興味があるので、お時間ある方はコメントしていただけると嬉しいです。

マルチリンガルメソッド

 読みました。

アウトプットに特化している本です。

書いている内容は良いと思うのですが、事例があるとなるほど、となりやすいと思うのに、こうすればできますよ、という一般論が書かれている点が残念かもしれません。この方のワークショップやセミナーに興味を持たせるための宣伝本のような。。。。

指摘されている点は役に立つし、面白いとおもったので、もう少し具体性があればよいですね!

やってみようとおものは「簡単ディクテーション」、「アクションベースの自己紹介」の作成。

1.簡単ディクテーション

音声教材の書き取り。コツは一語一句書取るのではなく例えば7分、7分、10分と決めて、聞こえてくる単語を書取る。書きとったら語数とかかった時間(24分)をメモ

2.アクションベースの自己紹介

アクションベースというのは、これまでどんな結果を出してきたのか、今どんなことをやっているのか、これから何をしたいのか。をはなす。分量はA45枚程度。

30日で英語が話せるマルチリンガルメソッド

30日で英語が話せるマルチリンガルメソッド

 

 This book is focusing on making outputs in English.

I think this book is good enough to read, but it will become much better and worth read again and again if it has case studies. This book notes general things in learning Englilsh and it looks like it is advertising its authors seminar.

I thinkf the points the book refers to is very interesting and usefull and it would be better if it were more concrete.

Nevertheless, there are two of the things the book proposes I wannt to do.

1. Easy dictation

2. Self introduction on active base

 

1. Easy dictation

 This is writing the words you are listening to, but the difference from orrdinary dictation is taking note of the word you listend to in the time set.

You set the time to listen for seven minuites for example. And do it several times.

You check the number of words you lilstened to and time you spent.

By doing so. you can track your progress.

2. Self introduction on active base

This is westernised self introduction. Japanse style is fact based one.

You say (1) what you have done so far and its consequence, (2) what you are doing now, and (3) what do you want to do in the future.

The amount of the introduction is about 5 sheets of A4 paper.