pleetm's blog

日々考えた事や読んだ本について書くブログです。

国連で学んだ 価値観の違いを超える仕事術

 現在、国連で仕事をされている田島麻衣子さんの本です。様々な国に居住し、様々な国の人々を仕事をしてきた経験を基に、価値観の違いに悩むのではなく、その違いを上手く自分のものにし、活かす術を教えてくれます。

最も大事な本書のメッセージは、

周囲との価値観の違いや視線を気にして生きるよりも大切なことがある。自分の信じる目的のために、与えられた力を総動員して一生懸命生きよう。それが結局はまわりも自分も幸せにする方法だ。

では、どうすればそのゴール(生きる目的)は見つかるのでしょうか。

1. ゴールとは何か。

ゴールとは何か。田島さんは「夜と霧」に出てくる言葉をきっかけとしています。

生きることからなにを期待するかではなく、むしろひたすら生きることがわたしたちからなにを期待しているのかが問題なのだ。

そして、

「よろこび」とは苦しさもひっくるめて、それでも近くに寄りたいし、自分のものにしたい、そういう対象だと述べています。言い換えれば、自分が充実感を感じずにはいられない対象や、自然と心が躍ること。また、考え始めると自然と心が明るくなること。考えるだけで力が湧いてくること。こういうものが求めるべきゴールだと述べています。

そして、本当にその方向性で良いのか迷ったときには、その流れに入った自分が輝いて見えるのかを心にそっと聞いてみる。それが自分の舵を取りたい方向性だとしたら、とにかく信じること。

何を信じるのか。

たとえいま点と点がバラバラに見えても、将来なんらかのかたちで必ずひとつの流れにつながるということを信じると良いのだそうです。私たちにできるのは、過去を振り返って、点と点をつなげることだ、と。

筆者はこの「意志」と「運命」の関係ををおみくじに例えていました。そう言われるとすごくぴったりしていると思います。

これは、自分のことにも当てはまると思いますし、少し視点を変えると、おおきな世の中の流れを知るために歴史を学ぶ意義とも共通している気がします。

2. 理にかなった自己犠牲をしているか?

筆者は自己犠牲すべきではないと言っているわけではありません。その自己犠牲が理にかなっているか、が重要だと述べています。

もし、「自己犠牲感がどうしても拭えない」と感じる場合には、この夢(ゴール)と犠牲のバランスが崩れているサインかもしれない。例えば、あるプロジェクトに関わっていて、必要と思われる知識はすべて吸収しそれが単調な作業に思われる場合は、自分のゴールをアップデートし、次のステップに移る機会だと述べられています。

3. 読むべき空気

私たちは空気を読みがちです。しかし、読むべき空気とは、相手と自分の両方を安心させる気遣いだと述べています。また、苦手な相手がいる場合には、その相手を意識のなかから外すことが大事。そのためには、イメージすることが重要だと述べています。

まず、自分の意識のなかで相手に大きな×印をつけ、意識の外に流すイメージを描く。そして、自分のゴールを何度もイメージの中心にすえて、その達成に向けた行動で自分を多忙にするのだそうです。

4. 相手のゴールの理解者になる、選ばれる。

自分のゴールを理解することももちろん大事ですが、相手のゴールを理解することの重要性にも言及されています。相手が何を求めているのか、それに対し、自分はなにを提供できるか。

これは、就職活動等、「選ばれる」という場面でも非常に有効です。相手のゴールを考えるとが、選ばれるということについて大切な考えかたの鍵を私たちに示してくれます。

また、断られたことが必ずしも自分が無能であることを意味しない。単に、相手の自らのゴールに求めるものと、こちらが提供できるものが一致しなかっただけのことだと理解することだと教えてくれました。

 

This book's author is Maiko Tajima, who has been working in UN.

She tells us how to make use of a difference of sense of value rather than bothered by it based on her experience of working with people in various countries.

The most important message of this book is 

There is a more important thing than worried about a difference of value and how you look from others. We should live our lives with making full use of the abilities and talents given for the purpose you believe. This is the way we can make ourselves and people around us after all.

So, how can we find the goal?

1. What is your goal?

What matters is that to live your life expects something from you rather than you expect something from your living.

`Pleasure` is  a subject you want to get closer or an object you want to gain even if you are within distress. In other words, it is a subject you feel fullfillment with and excited with. She also describes it is also a subject that illuminates your heart or encourage yourself when you think of it. That is a goal to be pursued.

In addition, when you wonder if the direction you are moving toward is right or not, we'd better ask ourselves, 'Do we look bright when you are with the flow ?'. We should believe ourselves when you find the flow is going towards the direction we want to go to.

What do we believe?

What we should believe is that the past events you have experienced will be connected and become a stream. What we can do now is that you connect the events like disperse dots.

She uses metaphor of a written oracle: Omikuji in order to express this relationship between 'will' and 'fate' . This analogy makes a sense to me.

2. Don't waste yourself

She doesn't say you should not dedicate yourself to anything. Her point is that the dedication is reasonable or wasting yourself.

The balance between the goal and your effort might be unstable when you feel your effort is wasting yourself. For instance, if the project you are working on feels monotonous and boring after you have gained skills and knowledge needed, it might indicate an opportunity to step up by updating your goal.

3. What is reading the situation?

Reading the situation is thoughtfulness to make both your counterpart and yourself relieved. When you have people you don't like, what is important is to put them aside from your consciousness. In this case imagination is an effective tool. Imagine you flow the people out of your consciousness after marking big X onto the people in your mind.

 After that, you settle your goal at the center of your mind and you make your mind filled with activities for achievement of your goal. This is a method she introduces.

4. Understand partner's goal, and you are selected.

It is sure that you should your goal, but you should also others' goals. What the person need? What are you able to provide him/her?

If you can do that, you would be able to be selected as an eilgible person, for example a job interview.

Moreover, even if you are not selected, it doesn't mean you are not lacking in ability. It merely means that your provision does not match what he/she needs for his/her goal.