pleetm's blog

日々考えた事や読んだ本について書くブログです。

一生モノの英語練習帳 最大効率で成果が上がる(鎌田浩毅,吉田明宏)

 読みました。

一生モノの英語勉強法の実践編として書かれています。

具体的な方法が記載されており非常にわかりやすいです。

 

和文和訳の重要性

伝えたい日本語の「内容」を違う言葉で言い換える。これにより英語に変換しやすくする。

このための訓練法として「連想ゲーム」を提案されています。

①核となる日本語を決める

②1分で核ワードから連想される言葉を書きだす

英単語の覚え方

英単語暗記の4要素
・つづり
・意味
・発音
・スピード(瞬発力)

このため、英単語ひとつにつき覚える日本語は一義とする。

日本語を見て英語を答える訓練をすることで定着率が上がる。

ということでした。

リスニング

「たくさん声に出して読む」

これにより英語の音やリズムを習得でき、その結果聞けるようになる。

海外経験ゼロでも仕事が忙しくても「英語は1年」でマスターできる 三木雄信

でも書かれていましたが、英語はリズムなんですね。

早速実践してみよう 。

一生モノの英語練習帳 最大効率で成果が上がる(祥伝社新書)

一生モノの英語練習帳 最大効率で成果が上がる(祥伝社新書)