pleetm's blog

日々考えた事や読んだ本について書くブログです。自分の書いたことって相手にどう伝わるのか、興味があるので、お時間ある方はコメントしていただけると嬉しいです。

FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

 読みました。

だいぶ前から読んでいたのですが、浮気しつつ読んでいたので時間がかかってしまいました。

内容は、題名のとおり、いたって当たり前のことです。思い込みで判断せず、事実に照らして考えよう、ということ。

面白いのは、事実に照らして見ることができるようになると複眼的な視点を身につけられるということではないでしょうか。世の中には2分割したものの見方が多く、これは単純でわかりやすいため広く受け入れられています。分かりやすいがためにその2分割的な分類の仕方が正しいのだ、世界はそのように2つに分かれているのだ、と考えてしまうかもしれません。でも実際には、世の中はもっとグラデーションを持っていて、単純に2つに分けられないことが多いと思います。この本では、その代表的なものを先進国と途上国を例にあげています。かつて世界は、いわゆる先進国と途上国という2つの世界に分けることができました。今では中国やインドの台頭に見られるようにかつて途上国だと見なされていた国が強大な経済力、政治的影響力を持っています。このような世界では2つのラベルだけで物事を分けることは適当ではなく、筆者は4つの段階で分類をしていました。

では事実を見るためには何が必要か。そのヒントもいくつか紹介されています。もちろん大事なのは事実となる数字です。ただし、それ以上に大事なのは、数字の背後にあるものを見つけることです。いま見ているグラフのスケールは正しいのか?割合で見るべきか。絶対値で見るべきか。一人当たりで見るのが妥当なのか。どの事実を見るかによって見える世界が変わってきます。日頃目にするデータをどのように扱うかは自分次第です。その数字は何を語って、何を語っていないのか。そういったところに気をつける習慣を持ちたいと思いました。

世界がよくなってる、という論調が少し行き過ぎている感はありますが、面白いとおもいます。

FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

 
Factfulness: Ten Reasons We're Wrong About The World - And Why Things Are Better Than You Think

Factfulness: Ten Reasons We're Wrong About The World - And Why Things Are Better Than You Think

 

 I started reading the book a while ago, but I was hopping another books intermittently and finally have finished.

What is the point to be noted by the book is, as mentioned explicitely by the title, to be aware of the fact when you see the world, and to think it in light of the fact.

One of the interesting things that come from being factfulnees are that you will be able to see the world from multple perspectives.  In our ordinary life, you see a lot of simply burificated perspectives, which are widely accepted by people due to its simplicity and easiness to understand.  Moreover, it is so understandable that people tend to be think of it as a right way of thinking.  However, the world has wide spectrum on it so that it is not so easy to split the world into two categories.

This book exemplified it using developing and developed countries.  Once the world could be classified into two types of developed and developing countries.  Now, the world has changed enormously.  For example China and India that are countries called developing countries have developed in a tremendous speed so that they have a huge economic and political power affecting world. This means that the world is not divided into two any longer and consequently the author proposed four categories dvividing the world.

Also, what is important to see the fact.  Various hints are scattered in the book. Without doubt, what is important is the numbers to see the fact.  However what is more important is to have a  better sense of the  reality behind the numbers.  In other words, the number tells you what and doesn't what?  You have a graph in front of you. The graph is scaled approprately?  Should you look at by the absolute number, ratio, or per person?  How you look at the number affects how you lood at the world.