pleetm's blog

日々考えた事や読んだ本について書くブログです。自分の書いたことって相手にどう伝わるのか、興味があるので、お時間ある方はコメントしていただけると嬉しいです。

オリジン(ダンブラウン)

 読みました。

以前に読んだホモ・デウスを小説にしたような感覚を持ちました。ダン・ブラウンについてはいつもそう思うのですが、事実と小説の部分がわからなくなるほどに調査をしているのだと感じさせられます。それに加えて、本作では、AI(科学)と宗教というテーマを扱っているということもあり、その将来への展望が非常に生々しく、リアリティを持って迫ってきます。

現在は過去の積み重ねでできています。そして未来は連続する現在の積み重ねです。つまり、現在を生きるということは、未来を作るということなのだと思います。現在を語るということは未来を考えるということなのだと思います。自分が現在という瞬間をどのように捉え、どのように位置付け、どのように方向づけるか、それは今を生きると同時に未来を生きているのだ、と考えずにはおれません。

 

pleetm.hatenablog.com

This book 'Origin' is written by Dan Brown.   His novel makes me feel that he has so deeply investigated on the subject he wants to write about.  This depth is so tremendous that I hardly distinguish between imagination and facts. He is able to do so as always.  This is so surprising.  At the same time, reading it made me have a sense that is similar with when I read 'Homo Deus'.

In addition, the theme setting is also very interesting.  It is about AI (science) and religion.  This has been a prolonged discussion so far from the aspect of contradicted explanation for human being.  This book is face with this most-difficult-ever problem and described its future prediction with a quite realistic feeling. 

The present is shaped by accumulation of the past. And the future will be formed by the accumulation of sequential present moments.  In other words, living in the present moment is to create the future.  In further other words, telling the present means to think about the future.

How you capture the present moment, how you position it in the steame of a long history, and how you direct it.  These mean that you are living in a moment and at the same time you live in the future.

オリジン【角川文庫 上中下合本版】

オリジン【角川文庫 上中下合本版】

 

 

 

 

 

オリジン 上 (角川文庫)

オリジン 上 (角川文庫)

 

 

 

オリジン 中 (角川文庫)

オリジン 中 (角川文庫)

 

 

 

オリジン 下 (角川文庫)

オリジン 下 (角川文庫)