pleetm's blog

日々考えた事や読んだ本について書くブログです。

アリになった数学者

読みました。

森田真生さんの児童書。一行一行、一文字一文字が大事に書かれているのがすごく伝わります。ゆっくり噛みしめるように読んでいる自分に驚くはずです。文字を読むってこういうことだったんだ、と感じさせられる一冊。書かれていることがわかるかどうかはともかく、下手に知識をつけた大人よりも子供の方が楽しめるのではないかと思います(ま、絵本だからそうあってしかるべきなのかもしれませんが。)そういう文章を大人になっても書くことができる、そういう感覚は本当に稀有だと思います。

This book is written by Masao Morita intended for chiidren.

You can feel that every single word and line is written very carefully when you read the book. You are supposed to find yourself surprised that you are reading the sentences word by word, slowly and carefully. The book reminds you of the first experience of reading in your life. In addition, this book can be enjoyed by chiidren much better than adults that are already filled with huge amout of knowledge. I think that he is one of the most uncommon persons that can create words and phrases children can enjoy even after growing up.

 

pleetm.hatenablog.com

 

アリになった数学者 (月刊たくさんのふしぎ2017年9月号)

アリになった数学者 (月刊たくさんのふしぎ2017年9月号)