pleetm's blog

日々考えた事や読んだ本について書くブログです。

ほとりぼっちこそが最強の生存戦略である

読みました。

正確には自分の心と身体に向き合う時間を確保するとうことです。

いっていることは正しいんです。でも難しいんですよね。というのが正直な感想です。ただ、少しでも気持ちよく生き、そして、人生を楽しむためにはとても大事なことが記されている本だと思います。

人に気の利いたプレゼントをかうということ、それがいい訓練になるそう。コツは「驚き」と「意外性」。その人の趣味嗜好や日頃の言動にとらわれすぎると意外性のあるプレゼントを渡すことはできない。どこかで偶然に身を任せる必要がある。

という点は人との関わりを考える上でとても重要なことなのではないかとおもいました。

This book tells us how important it is to secure time for reflect on your mind and body.

His argument is completely right, but honestly speaking, it seems difficult to me to do it in action. Nontheless the book has varing kinds of words and phrases that are really important in enjoying your life.

The books also says that makinf a present to other people is good training. The point is 'surprise' and 'unexpectedness'. Unexpected presents can not be found as long as you are restricted by their preference and behavior. You need to leave yourself in accidental chance.  This maight be very important when you think about how well you are going to get along with others.

 

SOLO TIME (ソロタイム)「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略である

SOLO TIME (ソロタイム)「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略である