pleetm's blog

日々考えた事や読んだ本について書くブログです。

他人の壁

 読みました。

いつも大事にしたいと思っていることが再確認できる本です。

養老先生も、名越先生も、突き詰めれば同じようなことをいろんなところで繰り返し言っているのでしょう。それでもその真に意味するところを腹に据えてわかるのはもう少し後のことになるかもしれない、そう思いながら読んでいます。

大事だと思ったことは、

・違和感を抱えて生きる。

・人のことをわからないというのは裏を返せば自分のことがわからないということ。

・人生経験も教養も圧倒的に上の人からいかにおもしろ話を引き出すか、うまく会話を転がすか。

 

This book can make you re-recognize what is supposed to be embraced in living your life.

The authors would repeat the same things in various ways. However they still remain to be completely understood in my mind becauase there is a huge difference between 'feel like understand' and 'understand'. They might not be understood until you get older.

The important tips are:

Living with uncertainty

You may think you don't appreciate others' thinking. In other words, it means you don't understand yourself.

Drawing interesting stories from those who are much better than you in terms of life experience and education.