pleetm's blog

日々考えた事や読んだ本について書くブログです。

「うつ」になりやすい人(加藤諦三)

読みました。

どのような人がうつになりやすいか。
うつの人はどのように感じる傾向があるか、が解説されています。

承認型の人はうつになりやすい

他人によく見せようという承認型の性格のひとはうつになりすい。とのこと。 
自己実現を目的とし、他人と比べない。考え方の転換が必要。

と言われても難しいですよね。
もしかしたら、「神の視点」で俯瞰的に自分を客観的にみて突っ込んだり、カミングアウトすることで楽になれるのでは?

なくすべきもの

・執着心
・がんばった自分をほめてほしいという気持ち
→過度にしてあげているという気持ちを持たない。あくまで自分のためにやっているのです。成長の糧ととらえる。

人は人

違いを認める。

 

考え方を変えるのって難しいですよね。でも、難しいことほど自分の人生をかけて取り組めることなんだと思いませんか?行って戻ってもいいので、少しでも何かが変えられるように、思考してみようと思います。
そもそも、変える必要ってあるの?という議論もありますがその議論は一旦棚上げ。

「うつ」になりやすい人 (PHP新書)

「うつ」になりやすい人 (PHP新書)