pleetm's blog

日々考えた事や読んだ本について書くブログです。

文章予測 読解力の鍛え方 (角川ソフィア文庫)

読みました。

本屋で何かないかなーと思っていて見つけた本。

何気なく読んだのですがとても面白く、文章を読む時だけでなく、書くとき、話すときにも大いに役立つのではないでしょうか。

特にそう思ったのがこれ。

ルパン三世カリオストロの城の名台詞を例にした文章の作り方。

 

クラリス「あの方は何も盗らなかったわ。私のために戦ってくださいました。」

銭形警部「いや、やつはとんでもないものを盗んでいきました。」

クラリス「・・・・・」

銭形警部 「あなたの心です」

 

このような惹きつける文章をどう作るか。

①やつは〜を盗んでいきました。あなたの心です。

 ⇦上記の2文に分割する

②やつはものを盗んでいきました。あなたの心です。

 ⇦実質的な意味を持たない言葉を挿入

③やつはとんでもないものを盗んでいきました。あなたの心です。

 ⇦注意を引く形容詞をつける。

 

③の「とんでもない」を選ぶところが語彙力に相当する部分かもしれません。

これはプレゼンや、スモールトークでも大いに活用できるのではないでしょうか。

わかりやすい文章に最初に持ってくることで会話に厚みが出ますし、聞く人に対する道しるべともなります。

 

 I was wandering at the bookstore looking for books that interest me.

I read this book without special expectation, but this was very interesting than I anticipated. I think this book contains a lot of ingredients that will serve in speaking nad writhing as well as reading.

The point that makes me think so is this: a popular phrase appearing at the famous movie "Lupen the third: the castle of cagliostro"

Claris:"Lupen didn't steal anythig. He fought for me"

zenigata: "No, he have stolen something incredible"

Claris:"......"

Zenigta: "It's your heart."

 

How do you think you can build up such an attractive phrase.

There is a method to do so, the aouthor tells us.

(1) He has stolen ---- . It's your heart.

AT first, you divide into two sentence.

(2) He has stolen something. It's your heart.

Secondly, you insert a word that doesn't have sustantial meaning.

(3)He has stolen something incredible.

You attach the adjctive word that attracts readers and liteners.

 

I thought this would be usefull in making presentation and a small talk.

You put the plain sentance at the first place on your word, which makes conversation rich and gives lilsteners a signal of direction of the talk.

 

文章予測 読解力の鍛え方 (角川ソフィア文庫)

文章予測 読解力の鍛え方 (角川ソフィア文庫)

 

 

 

 

純ジャパニーズの迷わない英語勉強法(上乃久子)

 読みました。

とても実用的にできていて、かつ日本人向けになっているのでとても取り組みやすいと思います。

まずはスピーキングという点がこれからの主流となるのではないでしょうか。

スピーキングについては50英文を基本として、いろんな形にして使っていくというもの。こういう訓練をちゃんとやったなかったかもしれません。何事も考えずにできるようになるまで、まずは基本の訓練が大事なのだと改めて気づかされました。

これに加えて、1日3つのセリフを増やしていくというのも非常に重要だと思いました。ともすると、毎日ただ聞き流すだけになることもあるので、これを日課にするだけで英語の回路を使う癖がつきそうです。

リスニングで面白いと思ったのは英語落語。話もシンプルな英語で話されますしスポイード感があって面白い。試してみたいと思います。

他にも面白いとところはたくさんあり、また、読み返して使いたいと思える本です。

純ジャパニーズの迷わない英語勉強法 (実用外国語)

純ジャパニーズの迷わない英語勉強法 (実用外国語)

 

I think that this book provide us with very practical advice in terms of English study and intended for Japanese English learners so that the advices would be very easy to work on.

This book tell us how important speaking competence comes firsrt before any other competences. I was very convinced and thought this will become a mainstreaming for English study.

She explained the strategy for speaking, which is '50 basic phrases'.

The phrased are the fundamental for any other type of sentences: question sentences, past sentences and so on. They are a startpoint for all speaking and should be trained untill they come from our mouths without thinking. 

This remaids me that I haven't done such things thoroughly so that I will try to make it a rule to do this excercise.

In addition to that, adding 3 phrases a day will give us a signifiant effect on improving your English. I often just hear Engllish without aims and so this would give me a incentive to use your English brain.

To go to the  listening, what I thought is interesteing in what she is saying is English Rakugo. It uses simple English and speedy and interesting. I want to try it.

I think there are more of interesting point in this book, which makes me come back to this book again when I get lost in studying. 

 

 

英語できますか?井上一馬

ブックオフで見つけて買ってみました。

ところが、これ、かなりよかったです。

英語には、リスニング、ライティング、スピーキング、リーディングがありますが、そのどれに力を入れて、どうリンクさせるのかが明確に書かれています。また、日本人の性格に沿った指導法になっていて、よくある「度胸が大事」「すぐ実践」とかの完璧主義、形式主義の日本人の苦手なやりかたとは一線を画します。むしろ、そういう日本人にはどういうアプローチが有効なのか、具体的にかかれていて、非常に参考になりました。

 

英語できますか?―究極の学習法 (新潮選書)

英語できますか?―究極の学習法 (新潮選書)

 

I found this book at a bookoff and bought it impulsively.

In spite of impulse byuing, I find this very imformative beyon my expectation.

English, of couse generally all langages, comprises listening, reading, speaking and writting. This book describe concisely what we need to focus in studying English and how the four competence link each other.

Morever, the instruction takes into oconsderation the charactristics of general Japanes: shame, hate mistake. In fact most of such instruction books often say 'just do it', but it slogan is not going along with Japanse characteristics. Rather than that, this book shows us the appropriate approach to Japanese.

 

みっくす。

 観ました!

純粋に楽しめる映画です。

そして、ところどころ、心に残る言葉もあって、充実感がありました。

例えば、なんのために、卓球をしてるのか。

自分のためではない。周りを輝かせるため。周りも自分を輝かせるために頑張っている。

これに似たところもありますね↓

I wathed the movie named 'Mix'.

This is a movie that deals with doubles table tennis aog with a romantic affair.

I guess you can enjoy this movie with no background knowledge.

What's more, there are seen and heard phrases that would stick in your mind.

For example,

What are you working for?

It is not for yourself. It is to shine people around you.

Because they are working to shine you.

 

I have thought this movie associated me with the book below.

 

pleetm.hatenablog.com

 

([や]2-4)ミックス。 (ポプラ文庫)

([や]2-4)ミックス。 (ポプラ文庫)

 

 

アリになった数学者

読みました。

森田真生さんの児童書。一行一行、一文字一文字が大事に書かれているのがすごく伝わります。ゆっくり噛みしめるように読んでいる自分に驚くはずです。文字を読むってこういうことだったんだ、と感じさせられる一冊。書かれていることがわかるかどうかはともかく、下手に知識をつけた大人よりも子供の方が楽しめるのではないかと思います(ま、絵本だからそうあってしかるべきなのかもしれませんが。)そういう文章を大人になっても書くことができる、そういう感覚は本当に稀有だと思います。

This book is written by Masao Morita intended for chiidren.

You can feel that every single word and line is written very carefully when you read the book. You are supposed to find yourself surprised that you are reading the sentences word by word, slowly and carefully. The book reminds you of the first experience of reading in your life. In addition, this book can be enjoyed by chiidren much better than adults that are already filled with huge amout of knowledge. I think that he is one of the most uncommon persons that can create words and phrases children can enjoy even after growing up.

 

pleetm.hatenablog.com

 

アリになった数学者 (月刊たくさんのふしぎ2017年9月号)

アリになった数学者 (月刊たくさんのふしぎ2017年9月号)

 

 

新ハーバード流交渉術

読みました。

武器としての交渉思考と結構似ています。

 

pleetm.hatenablog.com

 

本書の方が具体事例に多くのページが割かれていること。タイトルの通り、相手の感情をうまく活用することに主眼が置かれている点で若干の方向性は異なる部分はあると思いますが、記されているテクニック自体は共通したものです。

僕自身「武器としての交渉思考」の内容をほとんど覚えておらず、過去記事にしたことすら忘れておりました。本書を読んだことをきっかけにもう一度読み返すとより理解も深まるのではないかと思います。

特に本書は感情という部分に重きをおいており、感情の源である「核心的な欲求」に対処することの重要性を述べています。革新的な欲求とは、❶価値理解、❷つながり、❸自律性、❹ステータス、❺役割の5つであり、これらにうまく対処することができれば、交渉を円滑に進められるということです。

❶価値理解については、自分の考え方、思い、行動に良い点があるということを認める。❷つながりについては、仲間として扱う。❸自律性については、意思決定の自由を尊重する。❹ステータスについては相手の位置をそれにふさわしいものとして認める。❺役割については、相手の役割と行動内容に満足を感じられるものに定義する。

以上によって、相手の感情をポジティブに扱うことができると書かれています。即座に実践することは難しいと思いますが、どんな会話でも交渉の練習と捉えることで人と会話をするのがより楽しく思えるようになれば、と思います。

 

This book is similar with 'negotiation thinking as a useful tool' in terms of its contens and techniques for negotiation. However, this book more focuses on actual example in daily life and better employing the other's emotion.

Reading these two books could lead you to deeper understanding of negotiation because the same theme is depicted from different aspests. 

Especially this book is writing about emotion and the importance of dealing with core desire, which is a source of emotion. Core desire is fallen into five parts: appreciation, affiliation, autonomy, status, and role.

Appreciation is to recognize the good points of one's way of thinking, feeling and behavior. Affiliation is to consider the one as a colleague. Autonomy is to respect one's freedom to choice. Status is to recognize the one's status as worth with him/her. Role is to define the one's role and behavior as satisfiable. By doing these, you could deal with the one's emotion.

This would be difficult to do easily in action, but any converasation can be counsidered to be training of negotiation. With this understanding I hope I can enjoy communication with others more than ever.

 

新ハーバード流交渉術 論理と感情をどう生かすか

新ハーバード流交渉術 論理と感情をどう生かすか

 

 

3年後に結果を出すための最速成長

読みました。

A4メモで有名な赤羽さんの本です。

本書は、仕事の変化、テクノロジーの進化、ブロックチェーン、世界の変化、会社の変化に対し、それぞれどのような変化が起きるか、そして、そこでのチャンスとリスク、かんがえるためのヒントを書いてくれいています。

もちろん考えるためのヒントについて、ちゃんと自分がどうするか考えていかないといけないとは思うのですが、立ち向かうべき課題を明確にしていくれているという点で非常に価値のある本だと思います。

また、身につけるべき20ケ条を列挙されており、自分に取っても苦手な故避けてきたものも含まれているので、そういったものとも向き合わないといけないなと改めて感じさせられました。

 

This book is written by Mr. Akaba, who is famaous for A4memo method.

In this book, he desribes what is going on in the worrld, chances, risks and hints you should think about in terms of work, technology, blochchain, global dynamics and company.

It is true that you have to think about what you are going to do in response to his hints. However, these hints are really valuable in terms of the fact that issues to be addressed have become obvious.

In addition, he tells you 20 of skills and points you need to acquire. They include what I have avoided due to weak points to me, but it made me think I have to face and address those things.

  1. designing your life and preparing always in order to have continuous options
  2. getting better by habituation
  3. thinking by your own mind with pleasure
  4. collecting knowlege to predict future
  5. analysing, thinking deeper, seeing into the truth
  6. rapid decision making and action
  7. global sense, action and english
  8. leadership to go forward in uncertain situation
  9. management competence by making the best use of the collective power of your colleagues towards best perfomance
  10. coaching to bring up your colleagus the most effectvely and rapidly
  11. making community to suvive this world
  12. revolution by yourself to rebuild up your company
  13. change jobs to survive
  14. starting businness to pave your way
  15. retaining your motivation
  16. hoding confidence
  17. goal, goal achievement and growing
  18. attitiude for work
  19. yourself and your life
  20. family, partner, community

 

3年後に結果を出すための最速成長 (ベスト新書)

3年後に結果を出すための最速成長 (ベスト新書)

 

 

 

ほとりぼっちこそが最強の生存戦略である

読みました。

正確には自分の心と身体に向き合う時間を確保するとうことです。

いっていることは正しいんです。でも難しいんですよね。というのが正直な感想です。ただ、少しでも気持ちよく生き、そして、人生を楽しむためにはとても大事なことが記されている本だと思います。

人に気の利いたプレゼントをかうということ、それがいい訓練になるそう。コツは「驚き」と「意外性」。その人の趣味嗜好や日頃の言動にとらわれすぎると意外性のあるプレゼントを渡すことはできない。どこかで偶然に身を任せる必要がある。

という点は人との関わりを考える上でとても重要なことなのではないかとおもいました。

This book tells us how important it is to secure time for reflect on your mind and body.

His argument is completely right, but honestly speaking, it seems difficult to me to do it in action. Nontheless the book has varing kinds of words and phrases that are really important in enjoying your life.

The books also says that makinf a present to other people is good training. The point is 'surprise' and 'unexpectedness'. Unexpected presents can not be found as long as you are restricted by their preference and behavior. You need to leave yourself in accidental chance.  This maight be very important when you think about how well you are going to get along with others.

 

SOLO TIME (ソロタイム)「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略である

SOLO TIME (ソロタイム)「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略である

 

 

他人の壁

 読みました。

いつも大事にしたいと思っていることが再確認できる本です。

養老先生も、名越先生も、突き詰めれば同じようなことをいろんなところで繰り返し言っているのでしょう。それでもその真に意味するところを腹に据えてわかるのはもう少し後のことになるかもしれない、そう思いながら読んでいます。

大事だと思ったことは、

・違和感を抱えて生きる。

・人のことをわからないというのは裏を返せば自分のことがわからないということ。

・人生経験も教養も圧倒的に上の人からいかにおもしろ話を引き出すか、うまく会話を転がすか。

 

This book can make you re-recognize what is supposed to be embraced in living your life.

The authors would repeat the same things in various ways. However they still remain to be completely understood in my mind becauase there is a huge difference between 'feel like understand' and 'understand'. They might not be understood until you get older.

The important tips are:

Living with uncertainty

You may think you don't appreciate others' thinking. In other words, it means you don't understand yourself.

Drawing interesting stories from those who are much better than you in terms of life experience and education.

 

 

「答え方」が人生を変える あらゆる成功を決めるのは「質問力」より「応答力」

読みました。

質問の仕方が重要という本はよくあるかと思いますが、答え方に焦点を当てた本はあまりなかったように思います。

本書のメッセージは、

「自分と相手の共通の目的を意識しよう。相手にとって(じぶんにとっても)価値のある情報を追加して答えることによってコミュニケーションのイニシアティブをとろう。
そのためには、スプリングボードを活用して、伝えたい情報へリープ(leap)しよう。」

というものでした。

確かに、プレゼンの上手なひとというのは、その発表内容よりもむしろ、質疑の時に感心させられることが多いのではないでしょうか。その秘訣がこの本に載っています。

話す長さ

日本人はグローバル平均と比べ、話す長さが短いそう。情報は削るよりも、必要以上に削ることなくしっかりと伝えるべし。自分の50%増しでちょうどいいくらいだそうです。

スプリングボード

この本の最大の武器ではないでしょうか?関連性の薄いと思われる質問から自分の主張へリープするための秘密兵器。

(質問に対する答え)〜だ。そして、覚えていただきたい重要なことですが、・・

(質問に対する答え)〜だ。そして、より重要ん課題ですが、・・・

(質問に対する答え)〜だ。このことを別の方法で考えてみると、・・・

(質問に対する答え)〜だ。このことで思い出すのは、・・・

 このスプリングボードにより自由自在に難問も、自分の強みを見せるチャンスに変えてしまう。

面接で「自己紹介をお願いできますか?」と聞く理由

(1)自分の考えを明確に表現できているか?(=コミュニケーション力)

(2)自信や意欲が感じられるか?(=意欲)

(3)組織だった話ができるか?(力量)

を知るためだという。

それに応えるためには、いかに示す、全体図エンド目的を意識すべし。

全体図エンド目的

全体図:仕事やプロジェクトによる最終的な製作物

エンド目的:人々や世界への良い効果や影響(ビジョンステートメント

 

応募する会社と自分の全体図とエンド目的を並べて書き出してみよう。

会社の全体図と自分の経験や能力がどのように一線上に並べられるか、

会社のエンド目的に感じる情熱を自分の人生上のより広い経験や抱負と関連づける。

それが自己紹介となる。

PISTOLで360度の視野を

P:Problem(問題の指摘)

I:Importance(問題の重要性や価値)

S:Solution(問題の解決方法)

T:Timeline(時間を特定)

O:Ownership(影響する人や責任がある人)

L:Location(問題が怒っている場所)

これを使って相手に有益な情報を提供しよう。

 

「答え方」が人生を変える あらゆる成功を決めるのは「質問力」より「応答力」

「答え方」が人生を変える あらゆる成功を決めるのは「質問力」より「応答力」

  • 作者: ウィリアム・A・ヴァンス,神田房枝
  • 出版社/メーカー: CCCメディアハウス
  • 発売日: 2017/05/31
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る